読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女マンガ一考

君の歯は?

 

 

ボロボロです

 

 

 

ひさしぶりです。書き出しは気になさらないでくださいね!

 

そんなわけで今日も怒りをブチ撒けていこうかと思うのですが

 

 

今回は、少女マンガは死ね!

 

ってこと

 

 

 

少女マンガとひとくくりにしてもなんか色々あるやん?って言われるだろうけど、ワイが言いたい方面は、中高生の恋愛事情とか片思い事情的な漫画な事である

 

 

 

 

<これからは先の展開はジジイ>

 

学生の本分は勉強である

そして次くらいにあるのが社会性を身につける

その次くらいに友達を作る ってことが来るだろう

 

親はそのレベルくらいのことを期待しておこずかいを渡しているんだろう

 

お小遣いの正体は、<社交性を身につける上で必要な金>だ

消えないものに使ってほしいという願いが籠められているのです

 

恋愛してほしいから

恋愛費出すはって親ってあまり居ないだろう

 

 

つまりだな

少女漫画に於ける、シティ()な恋愛を描くのはやめなよ そこにシビれる憧れるゥウウウってのは

明らかに毒でしかない

 

ビレッジ()的な恋愛事情だったら良いんだよ

でも

好きな男と芋掘りをしてトラックに積荷した時に目があって胸キュン!

なんてくっさい展開は誰もいらんだろうし

一緒に山に行って

青大将が出たのを、とっ捕まえて引き裂いて今晩の夕食だ!beワイルド()★

って展開なんかも臭いだけだ

 

だからどうしてもシティ的な情事を描くことになってしまうのは仕方ない

 

しかしそれってほとんどの方が現実逃避(全国的な視線で見ると)なんだよな

そんな事よりも友達を大事にしてほしいね

 

友達との友情があって

そのおつまみ程度に恋愛が正しいバランスなんだよね

 

 

お年頃の恋人は最終的に何か助けてくれるのか?

 

金を貸してくれるのか?

本当に正しい助言をしてくれるのか?

どうせ恋人とはこうであれ、あなたの前ではこうであれ!のくっさいフィルターを通したろくでもない思想の言葉だろ?

今後、少なくとも数年間は一緒に遊んでくれんのか?

年甲斐もないくだらない遊びしてくれんのか?

ダサいこともそれもよしと言い続けてくれるのか?

 

ほんとうにほんとうにあんのか?

 

全てが全て「恋人らしくあれ」っていう事を念頭に置いたソレからしか来ないわけだろ

 

お年頃なんて特に

 

そしてそれが長くも続かないわけだ

 

 

それに賭けるとか駆けるとか掛けるとかするのが若者じゃないか

って言いたいか?

 

うるさいなぁ

それの最終地点ってまんこじゃねーか!!

 

結局jkブランドに踊らされた、jkブランドに盲目になった資本主義の豚に成り下がっただけじゃねーか

 

はい、そうですよ と言いたいか

 

言っとけよ

しかし学生の本分とは・・・(以下略

 

 

以上の事から

 

少女マンガに夢を見たお年頃ちゃんは死ねばいいよ という結論に至るのでありました

 

 

oya-hu kou! oya hu kou!!

 

 

 

高校生の恋愛は高校でしかできねーじゃねーか ってか あ?

 

何もしちゃいけないとは言っていない

 

シティ()的な憧れの恋愛はやめろと言いたいだけな

友達とのお付き合いのオマケ程度でならしてもいいんじゃないかな

 

そして

日々のダサい生活と一緒にある恋愛

リアルな等身大なその町の中にある恋愛

 

それこそがリアルな中高生の恋愛だから

それをしろよ

 

 

あそこの水がうまい だとか

このさびれた風景と素朴な君の笑顔と青い空がなんとも勃起もの だとか

 

それでいいじゃないか

 

 

 

 

カニの名は?

 

 

沢ガニです

 

それでいいじゃないですか

 

それじゃあダメなのかい?

 

 

 

 

親の名は?

 

 

 

その時、きっと無いのでしょう

 

 

 

 

終わり

「きみのなは」よりもAVで「きみのなか」の方が見たい人間なんだから、結局こんなことほざいてもヨゴレでしかないから終わり